マップ攻略 - ラスボス戦 -


解説

ミュラールート、ツェナルート以外の場合はまず初めにエンレインと戦闘。
その後各ルートに対応するライバル的キャラとの戦闘が行われます。(ノーマルの場合はアルフォードと戦闘)

ミュラールートの場合、まず最終節の開始直後にファズリィズ・ハリウスと戦闘、
その後探索マップからボス戦に移行、レイヴァーン・アルフォード→エンレイン→クェド・ギン→ヴェーゼンドルフとの4連戦。

ツェナルートの場合は暴走クェド・ギン戦から最終防衛装置戦の2連戦になります。

それぞれ戦闘前にHPやSPは回復するので、セーブ目的以外では一旦方舟に戻ったりする必要はありません。

また、このイベントに入る前に最低でも熟練度は使い切っておきましょう


通常 - 
ミュラールート - 
ツェナルート - 

エンレイン戦

No実戦値マナお金
--エンレイン----1680665001600

※実戦値(基本実戦値)は参戦メンバーに均等に分配
※敵撃破分の実戦値(撃破実戦値)は1050
※Hard時は基本実戦値、マナ、お金が1.5倍
※SuperHard時は基本実戦値、マナ、お金が2倍、撃破実戦値が3倍

解説

エンレインの直線上に入らなければ1撃の威力が低い水象や地象しか使ってきませんので、余裕で防御出来ます。
防御出来ない属性ダメージについてはヘリオンやファーレーンで全属性0化してしまえばOK。

あとは反撃ダメージの高さに気をつけて適度に回復を入れながら攻撃していけば1ターンで倒す事も十分可能でしょう。
貫通技持ちや貫通付加をかけられるネリー等がいると更に楽になります。

ちなみにスペックだけ見ると脅威的な「乾綱奪命剣」ですが、攻撃スキルの射程内にいる限りは攻撃を優先するのでまず使ってきません。

勝利すると「渋い湯呑み」を入手。

<オマケ>

エンレインから11マスの位置に味方を並べ、それより近い位置に味方を入れなければ確実に「乾綱奪命剣」を使ってきます。
この時ハリオンの「ブリーズフロア」等で複数人にリフレクションを付加しておくと、
39999×人数分(Normal時)のダメージを跳ね返して何もしないまま勝利する事が可能です。
撃破実戦値は入りませんが、どのみち実戦値は使えずに消えるだけなので問題ないでしょう。

<ストーリー攻略に戻る  


ファズリィズ戦(ネリシアルート)

No実戦値マナお金
--ファズリィズ----0665000

解説

<ストーリー攻略に戻る  


ハリウス戦(ニムルート)

No実戦値マナお金
--ハリウス----0665000

※実戦値(基本実戦値)は参戦メンバーに均等に分配
※Hard時は基本実戦値、マナ、お金が1.5倍
※SuperHard時は基本実戦値、マナ、お金が2倍、撃破実戦値が3倍

解説

補助スキルはバニッシュ可能になっているので、エナジーリーク要員に青スピを1人入れておくといいでしょう。
また、赤耐性が攻撃・魔法共にザルなので赤スピが活躍出来ます。

範囲内にユニットがいると、開幕早々「フェイタルポイズン」を使用してきます。
無属性とはいえ威力が現HP依存で抵抗力次第ではダメージは割と大きくなるので、
ZOPで抵抗と耐性を上げるかハリウスの魔法力を下げて対抗しましょう。
ちなみに、最大射程は魔法の割に短いので避けようと思えば簡単に避けられます。
極端な話、全員で距離を取って赤スピの魔法だけで戦うのもアリでしょう。

あとは「リボルビングマッシャー」さえ凌いでしまえば大して脅威にはならないでしょう。
「フェイタルポイズン」を連発してくるようだと危ないのですが、どうも最初の1撃しか使う気がないようです。
エンレインと比べて特殊耐性も少なめなので、その辺を突いていけばより簡単に勝てます。

勝利すると「深緑の宝珠」を入手。

<オマケ>

エンレイン戦で書いたオマケを後で思い出して、もしやと思って試してみたのですが、
ハリウスの抵抗下げつつ5人がかりで「フェイタルポイズン」リフレクトしたら開始1Tで死亡確認しました
「ノクシオスフロア」で魔法力・抵抗力が上昇した状態から、「フェイタルポイズン」発動までに抵抗だけを-47以上出来れば、反射1回につき20%以上のダメージになります。
魔法力も一緒に下げてしまった場合は抵抗をこれより少し余分に下げましょう。
シアーの「フローズンフィールド」や、魔法を上げつつ抵抗を激減させるヘリオンの「ルナティック」がお奨め。

この人達ひょっとしてこんなんばっかりか。

<ストーリー攻略に戻る  


レイヴァーン戦(ヘリオンルート)

No実戦値マナお金
--レイヴァーン----0665000

解説

<ストーリー攻略に戻る  


アルフォード戦(ノーマルルート)

No実戦値マナお金
--アルフォード----0665000

解説

<ストーリー攻略に戻る  


ファズリィズ・ハリウス戦(ミュラールート)

No実戦値マナお金
--ファズリィズハリウス---1680570001650

※実戦値(基本実戦値)は参戦メンバーに均等に分配
※敵撃破分の実戦値(撃破実戦値)は1200
※Hard時は基本実戦値、マナ、お金が1.5倍
※SuperHard時は基本実戦値、マナ、お金が2倍、撃破実戦値が3倍

解説

各節で戦った時よりも強くなってはいますが、各ルートのラスボスとして戦った時と比べればずっと弱いです。

余程スキルが育っていない場合は別ですが、まずは速攻でファズリィズを仕留めます。
(1番目以外のユニット4人が、各々TP2の攻撃スキルで3000〜4000程度のダメージを出せればOK)

1番目にロティの「制地」で移動力を上げ、残り4人で接近して防御を張られる前に倒しましょう。
ただし、その前にハリウスの「フェイタルポイズン」で攻撃力を下げられる事を忘れずに。
あとは残った時間でハリウスを倒すだけです。

万が一、防御を張られる前にファズリィズを倒すだけの力が無い場合は、
逆にファズリィズよりもハリウスから叩くといいかもしれません。
ハリウスに密集する形で味方を配置しておくと、ファズリィズが「刺」でハリウスや自分ごと攻撃してきます。
(ただし、ファズリィズの直線上にはユニットを置かないこと)
6人がかりなら、耐性低下の効果もあるのでまず1ターンで倒す事が出来るでしょう。
あとは2ターン目でじっくりとファズリィズをいたぶるだけです。

勝利すると「狂想の耳飾り」を入手。

<ストーリー攻略に戻る  


レイヴァーン・アルフォード戦(ミュラールート)

地形効果:魔+30

No実戦値マナお金
--レイヴァーンアルフォード---1680570001450

※実戦値(基本実戦値)は参戦メンバーに均等に分配
※敵撃破分の実戦値(撃破実戦値)は1体あたり1200
※Hard時は基本実戦値、マナ、お金が1.5倍
※SuperHard時は基本実戦値、マナ、お金が2倍、撃破実戦値が3倍

解説

こちらは各節で遭遇した時よりも更に弱くなっています。
特に弱体化著しいのが必殺どころかディタレントまでもが殆ど削除されたアルフォード。
こうなると最早そこらの中ボスの方が強いくらいなので、まず苦戦は無いでしょう。

とりあえずはレイヴァーンを先に倒してしまうといいでしょう。
開始直後に発動する「リアクティブ・アーマー」の反撃効果は相変わらずなので、最初の攻撃は慎重に。
「バンカーバスター」発動前に撃破するのが理想です。

勝利すると「相克の篭手」を入手。

<ストーリー攻略に戻る  


エンレイン戦(ミュラールート)

地形効果:攻-20、抵+30(紫の床部分のみ?)

No実戦値マナお金
--エンレイン----1400285001530

※実戦値(基本実戦値)は参戦メンバーに均等に分配
※敵撃破分の実戦値(撃破実戦値)は1200
※Hard時は基本実戦値、マナ、お金が1.5倍
※SuperHard時は基本実戦値、マナ、お金が2倍、撃破実戦値が3倍

解説

能力も攻め方も全く同じなので、詳しい対処法については上記のものを参照してください。

勝利すると「狂炎の宝珠」を入手。

<ストーリー攻略に戻る  


クェド・ギン戦(ミュラールート)

No実戦値マナお金
--クェド・ギン反射盤反射盤反射盤反射盤1960475001260

※実戦値(基本実戦値)は参戦メンバーに均等に分配
※敵撃破分の実戦値(撃破実戦値)はクェド・ギンが1050、反射盤が150
※Hard時は基本実戦値、マナ、お金が1.5倍
※SuperHard時は基本実戦値、マナ、お金が2倍、撃破実戦値が3倍

解説

基本的に魔法の方がダメージが通り易いのでナナルゥ等が非常に有効です。
また、向こうの攻撃はZOPを除いて全て物理攻撃なので、「ウラノスブレス」が使えるならニムも連れていきましょう。

まずは、徹底してクェド・ギンの支援及び回復をしまくる反射盤を黙らせましょう。
どうもそれぞれの反射盤に役割分担がされているようで、
E2の反射盤から順に「身体能力」「破壊衝動」「防衛本能」「拒絶反応」を担当、これをそれぞれ3回クェド・ギンに使用。
残り2回分は4体共「修復活動」をやはりクェド・ギンに使用します。
なので、魔法攻撃を生かすならまずは「拒絶反応」を使うE5の反射盤を速攻で破壊しましょう。

あとは「破壊衝動」を使うE3の反射盤も早い内に撃破して、その間に魔法要員はクェド・ギンを攻撃します。
1ターンでは倒しきれないかもしれませんが、せめて反射盤だけでも全滅させてしまえば次ターンからだいぶ楽になる筈です。
ただ、クェド・ギンは2ターン目以降は毎回ZOPの「虚無の世界」を使用するので注意しましょう。

勝利すると「霊銀の篭手」を入手。

<ストーリー攻略に戻る  


ヴェーゼンドルフ戦(ミュラールート)

No実戦値マナお金
--ヴェーゼンドルフロティの影ミュラーの影--0665000

※敵撃破分の実戦値(撃破実戦値)は影のみ510
※Hard時は基本実戦値、マナ、お金が1.5倍
※SuperHard時は基本実戦値、マナ、お金が2倍、撃破実戦値が3倍

解説

影2体は2階層や3階層で出てくるものと能力は同じです。

ヴェーゼンドルフは毎回ZOPで全員に蘇生をかけますが、何故か倒しても蘇生しないので気にしなくていいでしょう(バグ?)
移動の際は「魂の終わり」の射程に入らないよう、特に1番目のユニットは前に出さないようにして、
3番目までのユニットもミュラー影の「制圧」が怖いので注意して動きましょう。
狙えるならD移動で封じてしまえば確実です。

とりあえず、現状では防御も耐性も無いヴェーゼンドルフを総攻撃で倒してしまえばあとは勝ったも同然でしょう。
(蘇生のバグ?が改善された場合また対処法が変わると思うので、その時は修正します)
ただしミュラー影の攻撃も結構侮れないので、防御は怠らないようにしましょう。

勝利すると「星の欠片」を入手。

<オマケ>

…正直ここでもこの手段が通用するとは思わなかった、いや思いたくなかったのですが、
ブリーズフロアによるリフレクション付加でヴェーゼンドルフの開始2T瞬殺を確認しました。
やり方はいたってシンプルで、リフレクションのかかったユニットをヴェーゼンドルフの2マス以内に移動させるだけ。
「魂の終わり」の即死効果は効きませんが、HPの約2倍のダメージを食らって勝手に自滅していきます。

幻滅した!幻滅したよギザロフ元帥!!

<ストーリー攻略に戻る  


暴走クェド・ギン戦(ツェナルート)

No実戦値マナお金
--暴走クェド・ギン反射盤反射盤反射盤反射盤1960475001470

※実戦値(基本実戦値)は参戦メンバーに均等に分配
※敵撃破分の実戦値(撃破実戦値)はクェド・ギンが1050、反射盤が150
※Hard時は基本実戦値、マナ、お金が1.5倍
※SuperHard時は基本実戦値、マナ、お金が2倍、撃破実戦値が3倍

解説

ミュラールートのクェド・ギンよりも攻撃に特化した分、防御や抵抗、弱体化効果等が若干落ちています。
まぁ、それ程大した違いでもないので意識する必要はありません。
ミュラールートの時と同様に、早い内に反射盤を倒せるだけ倒してしまえばそう苦労はしないでしょう。

尚、反射盤の役割分担がミュラールートの時とは正反対になっていて、
E2から順に「拒絶反応」「防衛本能」「破壊衝動」「身体能力」を使うので、倒す優先順を決める際は注意しましょう。

勝利すると「破壊の耳飾り」を入手。

<ストーリー攻略に戻る  


最終防衛装置戦(ツェナルート)

No実戦値マナお金
--最終防衛装置----0760000

※実戦値(基本実戦値)は参戦メンバーに均等に分配
※Hard時は基本実戦値、マナ、お金が1.5倍
※SuperHard時は基本実戦値、マナ、お金が2倍、撃破実戦値が3倍

解説

異常に広い攻撃範囲に高威力と、スペック的にはかなり危険に見えますが、
ZOPと半減に耐性が無い時点でもう話になりません。
徹底的に弱体化させて半減も付加してしまえば大ダメージをもらう心配はまず無いでしょう。

こちらの攻撃は、「ラウト・エリア」でバニッシュ付加+属性低下させられる事を考えると、
魔法よりも攻撃で攻めていった方がいいでしょう。
相手はあんな外見をしていながら当たり判定が1マス分しかないので、よく考えて接近しましょう。

ちなみに防衛装置の両脇の壁や溝の陰に隠れて「プラナー・クラプス」の範囲から避けると、
向こうは「ヒート・レイ」×2に切り替えるので若干守り易くなります。
こちらの攻撃も届きにくくなりますが、長射程のユニットが多いなら狙ってみても良いでしょう。
ちなみに「シーリング・レイ」は横方向に撃つ事で溝の陰もしっかり攻撃範囲に入れてくるので注意。


最後に、防衛装置は4ターンに1回「スタン・フィールド」を使います。
D回復のZOPが無い場合「ラウト・エリア」よりも何かと面倒なので、その前に決着をつけましょう。

勝利すると「インフィニティコア」を入手。

<ストーリー攻略に戻る  


Copyright (C)2006 末期的攻略中毒。 All rights reserved.
(C)2006 Xuse