マップ攻略 - 緑の森 -


全体マップ

全体マップ

属性修正

緑+10

戦闘マップ地形効果

推奨Lv

Lv1〜

解説

最初のマップらしい実にシンプルな構造。
ただし毒地帯のダメージは馬鹿にならないので表示キャラは必ず緑スピで。
ちなみに移動中にHPが0になった場合強制的に撤退となります。

敵はほぼ全ての敵が回復魔法を持っているので、早めに止めを刺せなかった時が辛い。
なるべく全員で集中攻撃をかけ、1体ずつ確実に仕留めること。
回復魔法はバニッシュするよりも回復される前に倒してしまう方が(雑魚戦では)効率が良いです。



MAP 1

クリックで原寸大表示

No実戦値マナお金
1糸吐き虫緑耳長---1601200400
2緑ぷるぷる糸吐き虫---1601200400
3糸吐き虫槍猿緑ぷるぷる糸吐き虫-3202400800
4槍猿緑ぷるぷる槍猿--2401800600
5緑ぷるぷる緑ぷるぷる緑ぷるぷる--2401800600
6槍猿糸吐き虫槍猿--2401800600
7糸吐き虫糸吐き虫槍猿--2401800600

※実戦値(基本実戦値)は参戦メンバーに均等に分配
※敵撃破分の実戦値(撃破実戦値)は1体あたり20
※Hard時は基本実戦値、マナ、お金が1.5倍
※SuperHard時は基本実戦値、マナ、お金が2倍、撃破実戦値が3倍

アイテム

A.乾燥ネネの実×5

イベント

ユニット条件:無し

解説

途中に挟まれるイベント以外は何の変哲もないマップ。
アイテムを取りに行く際は緑スピを先頭にしつつなるべく最短距離を心がけましょう。

<ストーリー攻略に戻る  


MAP 2

クリックで原寸大表示

No実戦値マナお金
1糸吐き虫糸吐き虫槍猿--2401800600
2緑ぷるぷる緑ぷるぷる---1601200400

※実戦値(基本実戦値)は参戦メンバーに均等に分配
※敵撃破分の実戦値(撃破実戦値)は1体あたり20
※Hard時は基本実戦値、マナ、お金が1.5倍
※SuperHard時は基本実戦値、マナ、お金が2倍、撃破実戦値が3倍

解説

右下へ抜ければレア敵が出現する袋小路に着く。

<ストーリー攻略に戻る  


MAP 3

クリックで原寸大表示

No実戦値マナお金
1緑ぷるぷる糸吐き虫緑ぷるぷる茶毛獣-3202400800
1'誘う丘くじら逆襲の逆さコウモリ憤慨の鉈トカゲ--1000130001000
2糸吐き虫槍猿緑ぷるぷる糸吐き虫-3202400800
3糸吐き虫茶毛獣槍猿--2401800600
4緑耳長緑耳長緑ぷるぷる--2401800600
5槍猿緑ぷるぷる槍猿茶毛獣-3202400800
6糸吐き虫丘くじら茶毛獣--2401800600
7丘くじら糸吐き虫緑ぷるぷる--2401800600

ボス

No実戦値マナお金
--飢えたる風獣俊敏な槍猿凶暴な茶毛獣凶暴な茶毛獣俊敏な槍猿60080005000

※実戦値(基本実戦値)は参戦メンバーに均等に分配
※敵撃破分の実戦値(撃破実戦値)は1体あたり20、レアとボスは80
※Hard時は基本実戦値、マナ、お金が1.5倍
※SuperHard時は基本実戦値、マナ、お金が2倍、撃破実戦値が3倍

アイテム

A.霊樹の護符
B.ネネの実×5

解説

1の敵を倒すとレア敵が出現。
3体とも非常に攻撃力が高く、初期Lvでは2〜3回集中攻撃を喰らうだけで危険。
せめてヒミカかナナルゥが範囲攻撃魔法を覚える(それぞれLv7、Lv11)位には育ててから挑むのが無難かと。

1ターン目に丘くじらのZOP(移+10)を受けて一番厄介な鉈トカゲが突っ込んでくるので、
これを1ターンで撃破出来るかどうかが勝負の分かれ目。
1人に集中攻撃をされないよう、囮も兼ねて攻撃要員は全員で接近して袋叩きに。
1人が2回以上狙われなければ、HPの低いユニットもどうにか耐えられるでしょう。

鉈トカゲが倒せたなら、あとは抵抗の低い他の2体を赤スピの魔法で叩く。
やはり攻撃力は高いですが、射程は短いしこちらも移動力が上がっているので対処はしやすいです。
倒すと「樹皮の篭手」を入手。


ボスは一回り能力の上がった槍猿と茶毛獣、それに風獣のやや攻撃力の高い編成。
レア敵ほど強くはないのでそちらに勝てているなら問題無いし、初期Lvでも油断しなければ勝てます。

初期配置では槍猿と茶毛獣が1体ずつ近くに配置されるので、
これをヒミカのドライフロアで動き出す前に止めて側面狙いで一気に倒してしまうとかなり楽になります。
あとは中央の通路に陣取って残り3体を確実に仕留めていけばOK。
風獣のハウルには注意。
倒すと「獣皮の篭手」を入手。

<ストーリー攻略に戻る  


Copyright (C)2006 末期的攻略中毒。 All rights reserved.
(C)2006 Xuse