闘技場


概要

通常戦

挑戦内容難度時期Lv人数対戦相手費用報酬備考
EランクE一章53見習い弓兵×1
見習い傭兵×2
4001200S
月星石×1
評価30
DランクD二章103賞金稼ぎの闘士×1
速射の弓兵×2
8002400S
海王石×1
評価40
CランクC三章153雇われ剣士×1
勝利を求める人狼×2
12003600S
紫野菜の畑×1
評価50
BランクB四章203雇われ兵士×1
弓使いの傭兵×2
16004800S
魔法の商品棚×1
評価60
AランクA五章253熱血の女弓士×1
熱血の女戦士×2
20006000S
双剣闘士の石像×1
評価70
SランクS六章303気紛れの石天狗×1
気紛れの石影兵×2
400012000S
知識女神の石像×1
評価80
MランクM七章353闘技場の守護騎繰×1
闘技場の守護兵×2
800024000S
神殺しの蝋像×1
評価90

特殊戦

開放条件:闘技場での戦闘を5戦以上行う(同じランクの重複でも可)

挑戦内容難度時期Lv人数対戦相手費用報酬備考
EランクE三章151セゴブル×2
ゴブル×3
8002400S
HPの宝珠×1
評価50
DランクD三章151ルトハルピュア×2
ハルピュア×3
16004800S
SPの宝珠×1
評価60
CランクC四章201漆の獣人×2
ヴェアヴォルフ×3
24007200S
FSの宝珠×1
評価70
BランクB五章251グロウトロウル×2
トロウル×3
32009600S
物攻の宝珠×1
評価80
AランクA六章301グーテハウンド(親)×2
グーテハウンド(子)×3
400012000S
物防の宝珠×1
評価90
SランクS七章351一眼剛鬼×2
一眼鬼×3
800024000S
敏捷の宝珠×1
評価100
MランクM七章351ジルバリッター×1
メルカヴァイル×4
1600032000S
縦置きサンドバッグ×1
評価110
メルカヴァイル4体の袋叩きに耐える為に「物理耐性」「防護結界」「決死」等が欲しいところ。

一番相性が良いのは、上記全てが揃う上に電撃魔法も使えるエミリッタ。
ただし、相応に費用がかかります。

比較的財布に優しいのは、上記の他に「忍刀ナクア」「隠密U」等の回避系装備で固めたユエラですが、早目に決死を発動させないと火力不足で時間切れになる可能性が。
「トロウルハンマー」を持たせたウィルも同様で、こちらは攻撃系スキルが無い分更にギリギリ。

「間接軽減」があるセラウィは遠距離戦に徹してる内は有利ですが、相手のSPが切れる前に倒せない場合は詰め寄られて一巻の終わりです。

属性戦

開放条件:闘技場での戦闘を10戦以上行う(同じランクの重複でも可)

挑戦内容難度時期Lv人数対戦相手費用報酬備考
EランクE三章123アイアンワーム×1
グレイハウンド×2
5001500S
接客の宝珠×1
評価70
特殊地形:浅瀬
DランクD三章183狂える水精×1
水精×2
10003000S
冷却の宝珠×1
評価80
特殊地形:水上
CランクC三章243肉食アースマン×1
アースマン×2
15004500S
地脈の宝珠×1
評価90
特殊地形:泥沼

近づけば出てくるので土流が無くても問題無し。
BランクB四章303レブルドル×1
ヘルハウンド×2
20006000S
火炎の宝珠×1
評価100
特殊地形:溶岩流
AランクA五章363捕食の怪鳥×1
タクーシュ×2
25007500S
電撃の宝珠×1
評価110
特殊地形:電撃流

こちらから近づくまでもなくいきなり突っ込んでくるので、耐電を用意する必要無し。
SランクS六章423痺淡の狂精×1
グロウハルピュア×2
500015000S
暗黒の宝珠×1
評価120
特殊地形:水上→電撃流
      (水2T→電2T→水1T→電2T→水1T→電2T→…)

グロウハルピュアは気まぐれに移動。
痺淡の狂精は動かないのでサエラブか狐伯蓮の火炎で。
MランクM七章483ゼル・ラミアー×1
カミルドラゴン×2
1000030000S
神聖の宝珠×1
評価130
特殊地形:溶岩流→泥沼
      (溶2T→泥2T→溶1T→泥2T→溶1T→泥2T→…)

ゼル・ラミアーは気まぐれに移動。
カミルドラゴンは動かないので普段よりも楽。

カミルドラゴンが倒し易い上に経験値が高いのでLv上げにはうってつけです。

勝抜き戦

開放条件:闘技場での戦闘を20戦以上行う(同じランクの重複でも可)

※勝抜き戦のみ、2周目以降であっても開放されるのは終章からになる。
 また、ウィルとヒロイン3人以外はそれぞれのサブイベントを完了させていないと開放されない。
※それぞれの戦闘で使用した回復の羽は二度と復活しないので注意。

挑戦内容難度時期Lv人数対戦相手費用報酬備考
ウィルM終章351泡油アースマン×1
ドリュアス×1
不死の大蛇×1
リュミルドラゴン×1
ミーフドラゴン×1
1000030000S
ブロキュスの斧×1
評価100
4体目のリュミルドラゴンまでは恐らく楽勝。
ミーフドラゴンはHPと攻撃力が高いので、「トロウルハンマー」の決死が欲しいところ。

ウィルの場合講じられる手段が殆ど無いので、打ち負けるようであればLvを上げるしかありません。
ユエラM終章351泡油アースマン×1
ドリュアス×1
不死の大蛇×1
リュミルドラゴン×1
石天狗×1
1000030000S
神刻蒼牙刀×1
評価100
「忍刀ナクア」「天使の羽盾」「隠密U」で殆どの攻撃は回避出来る筈。
不死の大蛇は物理耐性があるので、そこだけアンヘルソード等に変えるかスキルを「光翼剣舞」に変える等で調整。

最後の石天狗は基本攻撃が電撃で「闇瞬殺」だけ暗黒。
闇瞬殺は即死効果があり命中も高いので、暗黒耐性を上げて予防を。
エミリッタM終章351グロウハルピュア×1
ガーゴイル×1
フェルルー×1
1000030000S
賢者の杖×1
評価100
2体目のガーゴイルが若干相性が悪いので、「防護結界」と適当な電撃魔法を用意しましょう。
万全を期すなら衣装も物理耐性のある「賢者の術衣」に。

他の2体は電撃耐性さえ上げておけば楽勝です。
セラウィM終章351グロウハルピュア×1
ガーゴイル×1
フェルルー×1
1000030000S
ヘルツパルフェ×1
評価100
ガーゴイルがちょっと心配ですが、自前の電撃魔法もあるので特に小細工をしなくても問題なく勝てるでしょう。
水那M終章351グロウハルピュア×1
ガーゴイル×1
フェルルー×1
1000030000S
霊石水晶×1
評価100
上2人と同じでネックになるのはガーゴイル。
「電磁水晶」は必須です。
アトM終章351泡油アースマン×1
ドリュアス×1
不死の大蛇×1
リュミルドラゴン×1
封印されし鉄飛兵×1
1000030000S
霊輝の鈎爪×1
評価100
覚醒済である事は大前提として、4体目のリュミルドラゴンからは育ち方次第では押し負ける可能性が。
時間は十分あるので、いざとなったら距離を取って「休息治癒」で回復するのも手。

最後の鉄飛兵は、「砲撃」でSPを使い切るまで防御に徹すると確実。
クレールM終章351泡油アースマン×1
ドリュアス×1
不死の大蛇×1
リュミルドラゴン×1
封印されし鉄飛兵×1
1000030000S
木精の剛弓×1
評価100
1戦目からいきなり相性最悪の泡油アースマン。
「火精の首飾り」「炎姫の首飾り」は両方欲しいところ。

ドリュアス〜リュミルドラゴンまでは攻撃される位置に立たない限り攻めてこないので、自陣の中から長距離射撃。
不死の大蛇の「ポイズンブレスM」の範囲には注意。

鉄飛兵は盾系や「反射鏡」を持たせて吶喊、「二連ユイチリ弓術」を使ってやられる前にやるしかありません。
連撃等のスキルが上手い事発動してくれる事を祈りましょう。
サエラブM終章351泡油アースマン×1
ドリュアス×1
不死の大蛇×1
リュミルドラゴン×1
封印されし鉄飛兵×1
1000030000S
ヒルフェファング×1
評価100
相性が最良なアースマンと、連続火弾で一方的に攻撃出来るドリュアス、不死の大蛇は楽勝。

リュミルドラゴン以降は連続火弾の相性やSPの問題があるので接近戦も必要になります。
「天使の羽盾」等の回避盾を2枚持てば簡単には当たらなくなりますが、過信は禁物です。
いざという時は距離を取って「休息治癒」を。
メロディアーナM終章351泡油アースマン×1
ドリュアス×1
不死の大蛇×1
リュミルドラゴン×1
リザリス×1
1000030000S
クァルフェイル×1
評価100
槍の属性が非常に相性が良いので、SPが尽きない限りは問題なく行けるでしょう。

気をつけたいのは不死の大蛇の「ポイズンブレスM」(暗黒属性)とリザリスの「誘惑の微笑み」(魅了効果)。
これを食らうと流石に危険なので、ドリュアスやリュミルドラゴンを仕留める際には予め立ち位置を調整しておきましょう。
出会い頭の攻撃さえ回避出来れば、向こうは基本的に棒立ちなので間接攻撃で完勝出来ます。
シャルティM終章351泡油アースマン×1
ドリュアス×1
不死の大蛇×1
リュミルドラゴン×1
エル=ボルトイオ×1
1000030000S
たいがーぐろーぶ×1
評価100
5体目のエル=ボルトイオとの相性がかなり悪いので苦戦は避けられません。
とりあえず「光の首飾り」「光姫の首飾り」の両方は必須。
魔攻の上がりが優秀な「すぺしゃるぐろーぶ」や、決戦前会話で習得出来る「真っ黒な塊」もあった方がいいでしょう。

とりあえず3体目まではなるべくSPを温存。
リュミルドラゴンは真っ黒な塊があるならそれで攻撃、無い場合は神聖耐性を固めて「爆裂光弾M」を凌いだ後、装備を替えつつ殴り合い。

エル=ボルトイオが現れたら、まずは神聖耐性を固めた状態で射程4〜5の位置に立ち、「裁きの神槍」で相手のSPが枯れるまで防御に徹しましょう。
SP切れ前に近づくと「加速集中砲撃」で消し飛ばされます。

相手のSPが切れたら、今度はこちらのSPが切れるまで「誘惑の微笑み」で間接攻撃。
(この時、武器を魔攻の高い物に替えるのを忘れずに)
それで倒しきれなかった時は、装備を盾等に替えて後は殴り合いに全てを賭けましょう。
クレアンヌM終章351グロウハルピュア×1
ガーゴイル×1
フェルルー×1
1000030000S
木精の速弓×1
評価100
最大の問題は1体目と3体目の電撃に耐えられるかどうか。

風精+嵐姫の首飾りを揃えておく事が望ましいですが、
思い切って「変異の剣弓」で懐に飛び込んで電撃を受ける前に倒すという手もあります。
この場合、一回の戦闘で倒せそうなら耐性よりも物攻や敏捷優先で装備を固めるといいでしょう。
狐伯蓮M終章351グロウハルピュア×1
ガーゴイル×1
フェルルー×1
1000030000S
金色のキセル×1
評価100
遠近共にこなせる御方なので、何ら問題なく勝てるでしょう。
エリザスレインM終章351グロウハルピュア×1
ガーゴイル×1
フェルルー×1
1000030000S
封印の錫杖×1
評価100
「天使の聖歌」を撃ち続けるだけで問題なく勝てます。
ラグスムエナM終章351泡油アースマン×1
ドリュアス×1
不死の大蛇×1
リュミルドラゴン×1
ジルバリッター×1
1000030000S
断罪の大鎌×1
評価100
武器の相性の関係上、「レイシアサイズ」を作っておかないと不死の大蛇で詰みます
また、5体目がジルバリッターなので「光の首飾り」もあった方がいいでしょう。

とりあえず、3体目までは楽勝。
4体目のリュミルドラゴンは、移動後の戦闘で倒せなかった場合は元の位置に戻るという「転移」の特性を利用して、常に3マス以上の距離を保ちながら攻撃を仕掛けましょう。
近接攻撃は普通に食らいますが、ラグスムエナの物防なら問題ないでしょう。

最後のジルバリッターは、リュミルドラゴンを倒した直後はどうしても「光燐衝撃」を食らう事になりますが、一度退避してしまえば後は先程のリュミルドラゴンと一緒です。
4マス離れた所から転移を使って攻撃しましょう。

闘技大会

※エミリッタルート限定。 再訪問不可。

挑戦内容難度時期Lv人数対戦相手費用報酬備考
一回戦B252衛兵×20
準決勝B272闘士×1
弓兵×1
0中央を未占有のエリアが横切っていて移動が妨害されるせいか、相手はこちらがそのラインを跨がない限り一切動こうとしません。
なので、射程3の「連続水弾」等で一方的に攻撃出来ます。
決勝A302レグナー×1
ストーンゴーレム×1
0 エミリッタに「ウィル援護」、ウィルに「エミリッタ援護」が欲しいところ。

ストーンゴーレムは、地脈耐性を上げたエミリッタで間接攻撃の撃ち合い。
地脈耐性は無効以上にしてしまうと向こうは「岩石落とし」を使ってくれないので、激減までで止めるようにしましょう。

レグナーはその場を動かないので、攻撃力さえ十分なら「連続水弾」等の射程3の攻撃で一方的に攻撃出来ます。
耐性のせいで満足にダメージを与えられないようなら、ウィルの援護スキルをフルに使いつつ「追尾弾」で撃ち合いましょう。

特殊戦闘・挑戦状

※Ver2.0+「EX迷宮」追加設定が「ON」の場合のみ。「闘技王の証」を入手する事でクエストが発生する。
 再訪問不可。

挑戦内容難度時期Lv人数対戦相手費用報酬備考
特殊戦闘S終章901部族兵×10 クエスト「闘技場への乱入者」にて発生。
戦天女の滝「気風残る難渋地」に出現するのと同じ敵。

即死反撃と「暗殺撃」が怖いので、「即死耐性の腕輪」を用意しましょう。
間接攻撃が出来ない欠点につけこんで、「爆裂ハンマー」や「ハク印の狐炎槌」のスキルで戦うのも手です。
挑戦状M終章901石天狗×10 クエスト「ジェーンからの挑戦状」にて発生。
虚像の樹海「熱砂の広原」に出現するのと同じ敵。

弱点属性を突く事くらいしか取れる策は無いので、「電光石火の連槌」等でひたすら殴りましょう。
挑戦状2M終章901ジルバリッター×10 クエスト「続・ジェーンからの挑戦状」にて発生。
アドヴェント湾「異境の封印地」に出現するのと同じ敵。

即死反撃に備えて「即死耐性の腕輪」を。
決死や凶暴化等といった攻撃上昇系のスキルは無いので、ある程度防御力がしっかりしていれば苦戦はしないでしょう。


Copyright (C)2006-2011 末期的攻略中毒。 All rights reserved.
(C)2011 Eushully