«

2018.02.04

【城プロRE城】烈・蔵防衛戦まとめ

研修とそれに伴う引っ越しやら何やらでこの1ヶ月弱ガチでブログの存在を忘れてました
_(:3」∠)_

お陰様で環境にはだいぶ慣れたのですが、肝心の研修の方がどんどんヘヴィになっていきそうなのでまた更新が滞るかも・・・
つか、当事者の知らない所で研修スケジュールを8ヶ月→4ヶ月半に縮めるとか鬼畜かよ。

ちなみに上の画像は今回の8ステップ招城で唯一フスマを止めてくれた女神。

計80連で最低保障以外の虹が0で☆7確定も大坂のダブりとか、ここ数ヶ月リアル・ネット共に俺に厳しすぎない・・・?


まずは「烈・蔵防衛戦~要石の巻」



上・左・右の防衛と下から来る飛行兜対策を整えれば事足りる感じですね。

補足すると、左側は騎馬11体が断続的に突撃してくるので出来れば足留め持ちを起用するか中央付近に後詰めを追加するのがベター。

右側は火焔形兜や竹束等硬い敵が多いので法術等の防御無視攻撃がいると便利で、
また槌持ち兜も来るので出来ればこちらにも足留め系を。

上は適当に強い刀か槍、下は弓を置いておけば何とかなるでしょう。

なお周回用編成はこんな感じ。


セゴビアと正月信貴山はLv1からでもOKのほぼ育成枠。
岡豊城と佐和山城を最大化させたら以降は放置で。


続いて「烈・蔵防衛戦~神娘の巻」



初期から配置されている象と一ノ谷に対してしっかり対策を取っておけば、あとは左右を適当に固めるだけで大体何とかなるようです。

右上の一ノ谷には当然ながら防御無視系を。
右下と左の象の処理は遠距離系だとタゲがブレやすいので刀か槍がオススメです。

あとは手持ち戦力に応じて右や左上の蔵周辺を固めておくと良いでしょう。
特に左上は後半に騎馬が数体突っ込んでくるので注意。

周回例は2パターン。


聚楽城→シャンボール城の順に最大化させたら終了。

Lv次第では徳川大坂城と、二条城or宇都宮城のどちらかも削れそうですが安定重視で。


もう1つがツイッターのフォロワーさんの配置を参考にアレンジしたもの。
全員配置してシャンボール城を2回、安平古堡を1回巨大化させたら終了。

こちらは少々Lv依存度が高いので適時巨大化回数を増やして対応を。
特に安平城のポジはLv78でも超ギリギリです。


続いて「烈・蔵防衛戦~武器の巻」



右下の蔵(上側)の防衛と左側の砂浜と海から来る敵の迎撃要員は必須。
あとは右から来る大多数の敵に対抗出来るだけの戦力を集めれば大丈夫でしょう。

↑は5人クリアに拘ったせいで色々危うい部分もあるので、安全に行くなら上の蔵と中央下の蔵の傍に1人ずつ近接を。
その上で久留米城も1つ左隣に下げると確実です。

周回用はこんな感じに。


彦根城を最大化させたら終了。

夏指月は無しでも行けますが正月熊本と姫路が割とギリギリになるので、何でもいいから鈴を置いておくと確実です。
(彦根の固定値バフでLv1でもそれなりにダメージは出ます)


続いて「烈・蔵防衛戦~贈物の巻」



初期配置の烏帽子革張6体は中央一番左の遠隔マスから大砲で撃ち合いしながら処理する方法もありますが、今回は自粛。
というか、そのマスは船から出てくる砲撃トッパイや追加の烏帽子からも継続して撃たれるので結構危険です。

なので無理に前のめりに配置しようとはせず、おとなしく射程外からダメ計で片付けるのが一番安全です。
岩櫃城の蹴り上げ岩ならLvにもよりますが大体2発で片付く筈です。

あと注意しておきたいのが終盤の竹束と人魚のタッグ。
何も手を打たないと上方面を行く竹束にタゲを持って行かれて下方面を通る人魚をフリーにしてしまうので要注意です。

↑の動画では5人縛りに拘って計略で無理矢理乗り切ってますが、下方面に1人近接を増やせばそれだけで解決します。

なお、このマップは周回する予定が無いので周回用編成も組んでいません。


最後に「烈・蔵防衛戦~金策の巻」



動画でも言いましたが、このLv帯で丸山城を抜いた5人でも一応クリアは可能です。
ですが、手軽さが求められる曜日出兵にしては余りにもギリギリ過ぎたので流石に妥協した次第です。

ちなみに、後から試してみたら5人編成は丸山城ではなく柳川城を抜く方が若干楽でした。

とりあえず主戦力を左方面に回して森に入られる前に可能な限り倒し、残りのメンバーで森を抜けた敵の後始末をする感じでいいと思います。

森に突入すると全く違う方面から出てくる敵もいたりするので、特に中央下の蔵周辺には警戒しておいた方が良いでしょう。

あとこのマップも周回用編成は組んでません。

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.