« | »

2017.12.22

【城プロRE】横切る破滅と黒兎 絶壱

正直言うと、新宮城は個人的にあまり印象良くないです。

幼女に対し実力行使に及ぶなど紳士の風上にも置けないでしょう(同類の発想)




後になって思えばいつもの絶壱くらいの難易度なんですが、
↑の動画を作った当時は物凄い難産でした。

防御力の硬い敵ばかりなので早々に浜田城を解禁して鈴2人にしたまではまぁいいとして、

平属性の高島城使うなら左下(↑の板島丸串の位置)に置けば初期配置のメタグロスに届くとか、
↑の浜田城の位置には法術を置けばメタグロスの対応が楽だとか、

割とポピュラーな攻略法にすら気付けなかったのは大いに反省。
結局鈴パワーに頼っただけの攻略になってしまいました。

とにかくこのマップは硬い敵が多いので、法術・鈴・杖等の防御無視系はほぼ必須。

十分に攻撃力が高ければその限りではありませんが、少なくとも難で防御力1000に達するメタグロスの防御を抜くのは容易ではないので防御無視がいた方が楽なのは間違いないです。

中でも対複数に強い鈴は特に有効で、多方面からの侵攻も竹束のタゲ誘導も一切関係ないので非常に重宝します。
ぶっちゃけ鈴接待マップと言っても過言ではないでしょう。

それ以外では範囲攻撃に長けて攻撃力も十分な槌や大砲が有効ですが、それだけで固めてしまうとコストの重さが難点ですかね。

最大の難点はやはりメタグロスで、特に中央は↑の夏名古屋の位置に密着する所まで接近されてしまうと範囲攻撃で蔵が消し飛ぶので何としてもその前で食い止めねばなりません。

本当は丸亀使いたかったけど夏名古屋を起用したのは計略による押し戻しを狙っての事でしたが、先述の通りに法術を近くに置いておけば無難に対処出来ます。
(法術1人では火力的に心許ないので鈴あたりの支援も欲しいですが)

ラストの佐賀城は平刀+蛇刀という事もあって結構攻撃範囲が広いですが、そのお陰で逆に蔵以外のターゲットを狙いやすいので蔵を守るのは意外と楽です。

ただし突破される前に倒しきらないといけないので、その点でもやはり中央には法術がいた方がいいでしょう。


そして、先に上げた動画の出来に納得が行かず制限無しで組み上げた周回用編成がこちら。



左上の敵出現地点付近を押さえれば中央どころか左側に流れていく敵をも阻止出来るので、左下の蔵は完全に放置出来ます。

2体の赤大砲から継続的に撃たれ続ける事になるので本来なら歌舞等の支援が必須ですが、モンテちゃんの計略を使えば距離のある左側の赤大砲すら攻撃出来てしまうので巨大化回復だけでも十分賄えます。

計略使用後の巻き込み範囲を推定300としていますが、少なくともこれ位という事で実際はもっと広いと思います。

何にせよ、最大化での範囲170+αに加えて+300の範囲攻撃が出来る訳ですから条件付きながら最大射程はそこらの石弓よりも長い事になるんですよね。
モンテちゃん、想像以上にヤバい娘でした。

あとはメタグロスと佐賀城対策に法術を1人置いておけば中央~左方面は安泰なので、残りは右側を固めるだけです。

彦根がいるので↑の夏指月のLvでも何とかやれていますが、そうでない場合は流石にこの人数ではキツいので残り枠で上手く火力を補いましょう。

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.