« | »

2017.12.08

【城プロRE】天下統一 大和&河内

これ程までに黒幕の貫禄が板に付いた城娘が他にいただろうか。

あ、サスペンスの犯人的な意味でなら最近増えだしたヤンデレ枠で何人かいるか・・・


まずは「粋狂の焔 ~大和~」



・左上の蔵前
・中央下の蔵前
・右側の通路の角(林の入口前)

最低でもこの3箇所は近接でガードしておいた方が良いでしょう。

蔵前の2箇所は言わずもがなですが、実は3番目の場所(↑の有岡城の位置)も蔵防衛にほぼ必須です。

右の林からは度々槌持ちが右下の蔵狙いで現れますが、
蔵の傍の遠隔マスはユニットを置いても攻撃優先度の都合で中央の敵を優先しがちになるので後方から来る槌持ちには対応出来ません。

なので、出現地点に近接を置いて迎え撃つのが確実です。

ちなみに右下の蔵は槌持ち以外はどの敵も攻撃してこないので、実は蔵傍には防衛を置く必要自体ありません。
(初期配置の象を削ったり等、用途が無い訳ではないですが)

以上を踏まえつつ、残りは主に左右からの敵に対抗し得るだけの火力を並べていきましょう。

いくつかの動画を見る限りでは歌舞は右側より左側派の方が多いみたいですけど、
左の忍城ポジも右の有岡城ポジも被弾・損耗率で言えば似たり寄ったりなので、どちらでも大差は無いと思います。

あと、ド真ん中には象の足留めに盾を置きたくなるかもしれませんが、
ラストの象2体は微妙に軸をズラして足留めをスルーして来ます。

なので、真ん中には盾よりも火力を取って槌を置くのが一般的のようです。
ちなみに、↑の夏名古屋の位置よりも1つ左上の位置の方が良いみたいですね。


続いて「不意の凶弾 ~河内~」



※SSを撮り忘れてサイズ圧縮後の動画から流用している為、若干画質が悪いです

前のマップも大概ですけど、ここまで来るともう戦術だけでなく地力も伴わないと乗り越えるのが大変ですね・・・

つかボス以外の敵ステ補正って既に武神並なのかよ。
この先のマップどうなるんだこれ。

話を戻しますと、

どの方向からも相当な数の敵が押し寄せるので戦力の分配が大変ですが、

佐竹虫・鞭兜・光秀と特に厄介な個体が集中する右側には主戦力を、

一ノ谷や竹束等やたら硬い敵ばかり現れる右上側には法術等の防御無視系を、

蔵や殿が近めで騎馬の突撃を阻止し辛い左側には足留め持ちを、

それぞれこんな感じで意識して配置すると幾分楽な印象でした。

ちなみにマップの一番右の櫓は1Wと2Wに現れる蝶形兜とラストの光秀以外からは攻撃を受けないので鈴を置くには絶好のスポットです。
(佐竹虫すら頭上スレスレに滞空はしても攻撃はしてこない)

ただ、正直それが通用するのは高レアの鈴くらいで、高島城などの地形一致でもない中レア級では力不足な印象でした。

鈴以外を置くのであれば大砲、法術、鉄砲あたりが良さ気な感じですかね。

あと気をつけたいのが右下の蔵の防衛。

↑の配置だと徒歩で接近する敵は春日山が斬り捨てますが、3W以降出現する烏帽子兜のスナイプは止められません。

当方ではトークンをデコイにする事で凌ぎましたが、蔵の傍か或いは更に前方に近接を置いたり、傍の櫓に鉄砲か大砲を置いて烏帽子より先にスナイプする等の方法もあります。

そしてラストの光秀ですが、攻撃範囲がとにかく広いので特に味方の配置順が適当だったりすると遠距離系のユニットが狙われまくって大変な事になります。

一番確実な防御手段はトークンをひたすら並べておく事。
既にご存知かとは思いますが敵の攻撃優先度は トークン>城娘 なので、トークンが射程内にある限りは安全です。

ただし殆どのトークンはワンパンで落とされるので、この方法で凌ぎきるには相応の数を揃える必要があります。
(一般平均的なLv帯では一撃耐えられるトークンは万里の長城の龍背万里くらい)

リキャストが短い信貴山城でも光秀登場からは3個置けるかどうかなので、トークン持ち複数人がかりで光秀登場前から準備しておかないと厳しいでしょう。

あとは、それと平行してトークンが全滅した後も極力近接系にタゲが行くように合間を見て再配置する等しておくと安全性が高まります。
(↑の動画のコメで指摘されたやつ)

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.